〒590-0048 大阪府堺市堺区一条通11番27号 シルバーコート一条通1階
iconWEB予約
(準備中)

歯周病治療

Periodontal disease

歯周病治療|あきみつ歯科|堺市堺区にある歯医者

歯周病について

歯周病について歯周病とは、歯の周りの組織に炎症が起こっている状態です。
炎症が歯肉だけに留まっている状態を「歯肉炎」といい、炎症が歯根膜や歯槽骨にまで広がっている状態を「歯周炎(歯槽膿漏)」といいます。歯と歯肉の間には、プラーク(歯垢)や歯石がたまりやすく、きちんと除去できていないと歯周病が進行する原因になります。

歯周病の特徴は、ひどくなるまで痛みがなく静かに進行していくことです。歯周病が進行し、歯と歯肉の間「歯周ポケット」が深くなっていくと、腫れたり、グラグラしたり、ものが噛めなくなり、最後には歯が抜けてしまいます。歯周病は、多くの大人がかかっている病気ですが、子どもも歯周病にかかります。子どもの場合、多くが歯肉炎ですが、深刻でない子どもの歯周病もそのままにしておくと大人になってから歯を失う原因となる歯周病へ移行してしまう可能性があります。

このようなお悩みありませんか

以下の症状にあてはまる方は、歯周病の可能性があります。
お早めにご相談ください。

  • 歯を磨いた時に血が出る
  • 口臭が気になる
  • 歯と歯の間に食べ物が詰まりやすい
  • 以前に比べて歯が長くなったような気がする
  • 歯がグラグラする
  • 歯肉が赤く腫れる、膿が出る

歯周病の原因

歯周病の原因は、大きく2つに分けられます。

プラーク(歯垢)

歯周病の直接の原因はプラークです。
プラークは多くの種類の細菌が増殖してかたまりとなったもので、ブラッシングが十分でなかったり、砂糖を過剰に摂取したりすると、細菌がネバネバした物質を作り出し、歯の表面に付着します。プラークは粘着性が強く、うがいをした程度では落ちません。
また、プラークは取り除かなければ硬くなり、歯石に変化し、歯の表面に強固に付着します。これはブラッシングだけでは取り除くことができません。
歯周病菌は酸素の少ない場所を好むため、主に歯周ポケットの中に存在します。
そして、毒素で歯周組織を破壊していき、歯周病が進行していきます。

リスクファクター(危険因子)

歯周病の直接の原因はプラークですが、「口腔内の環境」や「生活習慣」の中には間接的に歯周病を悪化させるリスクファクターと呼ばれる危険因子が潜んでいます。
歯周病が生活習慣病の一つといわれるのはそのためです。

【歯周病を進行させる因子】

  • 不適合な冠や義歯
  • 部分的に歯がない
  • 歯ぎしり、食いしばり
  • 口で呼吸することが多い
  • 喫煙
  • 全身疾患(糖尿病など)
  • 長期の薬の服用、免疫抑制剤を飲んでいる(免疫低下の状態)
  • ストレス

このような方は歯周病になりやすかったり、進行が速い傾向にあったりします。
歯周病予防には、適切な歯みがきでプラークを取り除くことが基本ですが、歯周病のリスクファクターを少なくすることも大切です。

歯周病の進行と症状

健康な歯周組織

健康な歯周組織

  • 薄いピンク色の歯肉
  • 歯と歯の間に歯肉が入り込んで弾力がある
  • 歯肉が引き締まっている
  • ブラッシングでは出血しない
歯肉炎・歯周炎(軽度)

歯肉炎・歯周炎(軽度)

歯肉に炎症が起き、歯との間「歯周ポケット」が深くなります。
ブラッシング時に出血することがあります。

  • 赤色の歯肉
  • 歯と歯の間の歯肉が丸みを帯び膨らんでいる
  • 腫れた歯と歯肉との間に歯垢が溜まり悪化する
歯周炎(中等度)

歯周炎(中等度)

炎症が深まり、歯を支えている骨(歯槽骨)にまで達しています。
歯周ポケットが深くなり、歯はグラグラしはじめます。

  • 赤色の歯肉
  • 歯肉が全体的に腫れている
  • ブラッシングで出血する
歯周炎(重度)

歯周炎(重度)

歯を支える歯槽骨が半分以上溶けています。
歯周ポケットがかなり深くなり、歯は更にグラグラの状態になります。
ここまでくると、最終的に歯は抜けてしまいます。

  • 赤紫色歯肉
  • 歯と接している歯肉が更に腫れる
  • ブラッシングで出血する、膿が出る
  • 歯と歯の間が広がり、食べ物もよく詰まる
  • 歯肉が退縮して歯が長く見える

歯周病の治療方法

1

歯磨き指導

現状の歯磨きでどこが磨けていないのかをよく理解した上で、正しい歯磨き方法を学んでいきます。

歯磨き指導
2

スケーリング(歯石除去)

歯石は、歯面に付着したプラークに唾液中のリン、カルシウムが混じって石灰化したものです。歯石の表面はでこぼこしていてプラークが付きやすいため、超音波スケーラーや手用スケーラーを使用して取り除きます。

スケーリング(歯石除去)
3

フラップオペレーション

歯槽骨の破壊が大きく、歯周ポケットが深い場合には、ポケットの外から器具でプラークや歯石を取り除くことは不可能です。このような場合には、歯肉を開いて歯根を露出させプラークや歯石を取り除きます。

フラップオペレーション
4

メンテナンス

治療が終わった後、良い状態を維持するために、歯科医師のチェックと歯科衛生士による専門的なお口の清掃(クリーニング)を定期的に行います。
半年に1回は定期的にチェックを受けましょう。進行した歯周病の治療が終わった方は、1~3ヶ月くらいのサイクルで来院し安定した歯肉の状態を管理していくことが大切です。

メンテナンス

よくある質問

急に歯周病の症状が現れることはありますか?

歯周病はSilent Disease(サイレントディジーズ)と呼ばれ、痛みもなく静かに進行していくことが多いため、気付いたときにはかなり症状が重くなっているケースも少なくありません。また、毎日歯磨きをしているからといって安心することはできません。初期段階では目立った自覚症状が少ないため、毎日のセルフケア以外にも定期的な検診が大切です。

口臭が気になります。歯周病でしょうか?

口臭の種類には、「生理的口臭」「病的口臭」「外因的口臭」「内因的口臭」があります。そのうち「病的口臭」の原因の一つとして歯周病があげられます。

歯磨きをしていれば歯周病になりませんか?

正しいブラッシングを行い、歯と歯の間など歯ブラシの届かない部分には、デンタルフロスや歯間ブラシなどの補助用具を使用するのも大切です。
さらに歯科医院での定期的なチェックと専門的なクリーニングを行うことで、安定した歯肉の状態を長く維持することができます。

pagetop